わかたけ日記

2018年5月16日今日のヒトコマ

わかたけ保育園 運動場OPEN

わかたけ保育園運動場が完成しました!

さくら組さんのお兄さん、お姉さんのアナウンス

テープカット!

園長先生から記念品贈呈

みんなでヨーイドン!

全クラスで走っても大丈夫なぐらい広いです!



幼児期の子どもに運動が大切であることは、皆さんよくご存知だと思います。

「体の発達のため」「健康のため」「運動が得意になるため」など、

運動遊びの必要性は色々ありますが、実は運動遊びは心の働きや学びにもつながっています。

 

わかたけ保育園では、公園などで自由に走り回るような運動遊びをイメージし

走る・投げる・跳ぶ・転がる・ぶら下がる・しゃがむ・蹴るなど、

多様な動作をさせる遊びを取り入れています。

特に幼児期から小学校低学年にかけてはいろいろな動きが身につきやすく、

遊びの中で多様な動作が経験することが、小学校以降の発達にも大きく影響を与えます。

 

また、運動遊びを通して、友だちとのやり取りの中で言葉の発達が促されたり、

遊びを通して上下・左右・前後などの空間的概念が身についたり、

ルールを守ったり作ったりすることを覚えたり、たくさんの学びがあります。

このように運動遊びは、体や動きの発達だけではなく、

心の働きや行動傾向、さらには学びにも大きく関わっているのです。

 

 

子どもは、走るのが大好きです。

今日も、グランドの端から端まで

何回も何回も往復していました。楽しそうに。

 

この広いグランドで、どんな遊びが生まれるか

ワクワクしています。

 

httpss://youtu.be/WnSVIeK2hlc